病院

*

病院

薬剤師の病院での業務は、医師の指示に従って錠剤や粉末の処方、注射調剤業務などです。
調剤薬局と同じく「服薬指導」もありますが、相手が入院を必要とする重症者にも対応する必要があるので、より注意力とスピード力が必要となります。

ハッキリ言えば、調剤薬局よりも業務内容は大変ですが、その分スキルアップやうやりがいを感じることができる職場です。
入院患者のQOL改善にも取り組む必要があるので、より患者さんと密接に関わることができ、無事に退院できたときの喜びは調剤薬局では味うことができない大きなやりがいを感じられます。

給与は薬局よりも減りやすい

必ずではありませんが、基本的には薬局にいたときよりも給与が減る傾向にあります。
薬局では初任給が25~30万円が一般的ですが、病院の場合25万円程度となります。

しかし病院でしか経験できないことも多く、業務内容以外にも研究の場を設けられたり、論文発表もあり、最新の医療知識を学ぶことができます。

給与は薬局よりも減りやすい

薬局から病院への転職は、調剤薬局やドラッグストアへの転職に比べて難しいと言われていますが、決して不可能ではありません。

また、転職サイト・転職エージェント(転職支援会社)に掲載されている病院は慢性期病院なので、あまりおすすめできません。
慢性期病院は落ち着いて仕事ができるものの、多くの患者さんや症例に触れることがないので、スキルアップはあまり望めません。

一方、急性期病院の場合は多くの患者さんや症例に触れることができ、多くのことを勉強することができます。
実際に、薬剤師の就職・転職先で急性期病院は人気の職場となっており、ほとんどの枠を新卒が取り、残りの枠もすぐに埋まってしまうほどです。

おそらく、病院への転職を考えている薬剤師の方は「スキルアップ」「やりがい」を求めているかと思いますので、掲載されている求人ではなく、転職エージェントを利用して紹介してもらえる非公開求人を狙うようにしましょう。
担当者に「急性期病院で働きたいです!」と伝えれば、求人に空きが出たときに、一般公開される前に迅速に紹介してもらえることができます。

特に3月あたりは欠員が出て求人が募集されやすい時期なので、それまでに転職エージェントに登録をして、担当者に急性期病院で働きたい旨を伝えておきましょう。

おすすめの転職転職支援会社はこちら

病院関連ページ

製薬会社
製薬会社で働く薬剤師の方も多いですよね。 他の職場では経験することができない少し変わった仕事内容も多いので、そ […]
ドラッグストア
ドラッグストアも調剤薬局と同じく薬剤師の人気の職場です。 給料や年収がそこそこよく、OTC医薬品などの知識を身 […]
調剤薬局
調剤薬局は、調剤室を備え、面積など法で定められた基準をクリアしており、決められた人数の薬剤師が常駐して調剤作業 […]