薬剤師の土日休みの転職先一覧

*

薬剤師の土日休みの転職先一覧

まだまだお子さんが小さいと土日休みはいいなと思いますよね。
しかし、土日休みの求人を探してみても「実際に働いてみると土日休みじゃないんじゃないの?」と思われる方も多いかと思います。

そこで今回は、実際にその職場で働いたことがある薬剤師の方に聞いた「土日休みの職場」をご紹介したいと思います。

MR

営業職なので、他の業種の営業と同じように土日は休みです。
文系MRもいますが、やはり薬剤師の方がしっかりと深いところまで説明ができるので結果を残しやすく、年収も高くなる傾向にあります。(文系の方は知識が少ないのでつっこまれたときに答えられませんからね・・・笑)

薬剤師は給与が上がりにくい仕事ですが「自分の実力で年収をアップさせたい!」という方は、MRはおすすめです。

オフィス街のクリニック周辺の薬局

オフィス街は周りの企業も休みということもあり、クリニック自体が休みとなり、必然的に薬局も土日休みであることが多いです。
特に東京や大阪、名古屋、福岡など都会の近くに住んでいる薬剤師の方なら狙い目かもしれません。

クリニックの院内処方

クリニック(皮膚科クリニックなど)で働いている薬剤師は土日休みが多いです。
勤務時間や祝日は各クリニックによって違いますが、基本的に患者さんとの繋がりが強いので、コミュニケーション能力は必要です。

扱う医薬品もある程度限定されるため、仕事が難しくなることはないですし、疑義照会などの際もドクターにすぐに確認することができるので仕事は非常にやりやすいです。

職場もアットホームな雰囲気の職場が多いため勤務時間や休みを取る際の融通が効きやすいのも、クリニックのメリットの一つです。
ただ、このような職場は定職率が高くなかなか求人が出ないため、転職エージェントを利用して求人が出たときにすぐに紹介してもらえるようにしておきましょう。
医療分業が進んで求人自体が少なくなってもいますから、自分だけで探そうとするとかなり難しくなります。

クリニック求人に強い転職エージェントはこちら

製薬会社

ドラッグストアなど一般の人を相手に仕事をするわけではないので、基本的に土日は休みですし、ゴールデンウィークやお盆休みなどの長期休暇も存在します。
私の友人も毎年海外旅行に行ったりしているので、休暇はしっかりと取れるのでしょう。

ただ、開発には期限があるので開発の進み具合が悪ければ土日や時間外の勤務はあります。
このあたりは一般のサラリーマンの方と変わりませんね。
とはいっても、サラリーマンよりは圧倒的に土日出勤の日数が少なく年間数回程度なので、一般企業で働く友人や旦那と同じ生活サイクルで働きたいという場合は製薬会社はおすすめです。

学術DI系のオフィスワーク

主婦世代のママさん薬剤師におすすめに人気なのが「学術DI系のオフィスワーク」。
主な仕事内容は電話業務が中心とした医薬品に関する副作用や効能などの情報提供です。
シフト制が多いので、自分のスタイルに合わせて働けるメリットがあります。

立ち仕事じゃないのも魅力的ですね。
コールセンターと言っても、かなりの医薬品知識が要求されますし、医薬品学術業務の登竜門とも言われるコールセンター業務は、長期的に働いている薬剤師さんが多く、非常に満足度も定着率も高い職場となっています。

託児所が併設されている場所もあり、パートとして働いても時給2,100円・託児所付き・残業なし・土日休みという好条件で働くことも可能です。(こちらも私の友人が実際に働いています)

医薬品知識を常に新しく学ばないといけない・日本語に気を使わなければいけないという注意点はありますが、きちんと研修も受けられるので特に問題ないかと思います。
ただ、こちらも非常に人気の求人なので募集が出てもすぐに終了してしまいますから、転職エージェントの担当者に求人が出たらすぐに紹介してもらえるように頼んでおきましょう。

学術DI求人に強い転職エージェントはこちら

土日休みの転職先関連ページ

薬剤師転職に有利な時期
薬剤師の場合、他の業種と違って基本的にはいつでも転職が可能です。 ただ、いい求人が見つかる確率で言えば、時期を […]
年収が高い薬局
高収入の職場の求人を探している・転職したいという薬剤師さんは多いですよね。 そこで今回は、高年収の薬局をご紹介 […]
年収アップできるスキルランキング
薬剤師の場合、他の職業と違って年収がアップしにくい傾向にあります。 なので、転職の際に「年収をアップさせたい! […]