ドラッグストア

*

ドラッグストア

ドラッグストアも調剤薬局と同じく薬剤師の人気の職場です。
給料や年収がそこそこよく、OTC医薬品などの知識を身に着けることができます。

ドラッグストアの年収・勤務時間

ドラッグストアで働く薬剤師の年収は500~700万円と、他の職場と比べても比較的高めです。(調剤薬局は450~550万円)
さらに、役職が上がれば年収もアップし、年収1,000万円以上になることも可能です。

では、なぜこんなにも年収が高いのかと言えば、勤務時間が長いからです。
実際に求人を見てもらえれば分かるのですが「9:30~22:30」「10:00~22:00」など、夜遅くまで働かなければいけないことが多いです。

調剤薬局の場合は「9:00~18:00」というのがほとんどなので、そう考えると少し大変ですね。

また、業務内容も調剤薬局よりも大変になります。
というのも、調剤薬局なら処方薬だけを取り扱いますが、ドラッグストアだと処方薬に加えて市販薬(サプリメントやドリンク剤など)まで取り扱うので、単純に商品数も増えて作業量も多くなります。

ドラッグストアの仕事内容

ドラッグストアでの薬剤師の仕事内容は「調剤業務」「OTC販売」「調剤業務+OTC販売」です。
調剤業務の場合は、調剤薬局でも行う業務内容なので問題ないでしょう。

OTC販売の場合は、お客さまの症状やニーズを聞き、適切な商品を紹介し、適正使用のアドバイスなども行います。
お客さまの体質なども考慮して商品を紹介しないといけないため、コミュニケーション能力が必要とされます。

また、店長の役職になれば「人員の管理」「売上・コストの管理」など、お店の経営部分まで考える必要があります。

「調剤業務+OTC販売」は、最近ではドラッグストアでも調剤室が併設されるため、「調剤業務をしながらOTC販売もする」ということになるわけです。

ドラッグストアのメリット

ここまでの話だと「ドラッグストアって勤務時間長いし、仕事内容も多いから大変そう・・・」と感じる方も多いかと思います。
そこで、ドラッグストアのメリットをご紹介したいと思います。

年収が高い

まず、なんといっても年収が高いのがメリットです。
さきほども話したように、ドラッグストアで働く薬剤師の年収は500~700万円と高く、パートでも1,800~2,500円というのが一般的です。

調剤薬局で年収600万円になるのはかなり難しいですし、病院では年収500万円でもなかなか求人がないと言われていますから、比べてみるとかなり高給ですね。
実際にドラッグストアへ就職・転職する薬剤師の多くは「高年収」を目的に入職されているそうです。

身近な人の役にも立てる

調剤薬局でもお客さまの役に十分立てますが、ドラッグストアでは市販薬も取り扱うので、家族や友人が風邪を引いたときにおすすめの市販薬を紹介することが可能です。
一般の人からすれば、どの薬も同じように見えるし「本当にこの薬、大丈夫なの?」と心配になることが多いので、市販薬の知識があるだけで、かなり感謝されますよ。

ドラッグストア関連ページ

製薬会社
製薬会社で働く薬剤師の方も多いですよね。 他の職場では経験することができない少し変わった仕事内容も多いので、そ […]
病院
薬剤師の病院での業務は、医師の指示に従って錠剤や粉末の処方、注射調剤業務などです。 調剤薬局と同じく「服薬指導 […]
調剤薬局
調剤薬局は、調剤室を備え、面積など法で定められた基準をクリアしており、決められた人数の薬剤師が常駐して調剤作業 […]