薬剤師転職する本音と理由

*

転職するホントの理由

薬剤師は全国的に人出不足です。
つまり就職難の時代で唯一売り手市場が薬剤師です。
ということは、それだけ待遇もよく、定着率もいいはずなのに、転職率が高いのはなぜ?
ホントに薬剤師は転職がしやすい人気の職業なのかを検証してみましょう。

職場環境や待遇面に贅沢を言い出したらきりがないのですが、薬剤師が転職する理由に本音と建て前があります。

転職を考えている人が、その職場の上司に退職を申出る理由と、仲間に退職を語りだす理由には大きな違いがあります。

転職する際に最も多い退職理由ランキング

1)職場の環境や待遇に不満
転職理由真実の本音がコレ!
薬剤師は女性の比率が圧倒的に高い職業です。
一般的に収入面では平均的なサラリーマンよりも多いのですが、仕事内容は結構ハードです。
それも地方の病院や調剤薬局に勤務するほど、仕事量も大きく乗っかてきますので、残業も多くなります。
仕事の責任感はあるものの、何しろ常に求人がある職業ですから、いつでもやめてやるという強気な気持ちが働くことも。会社側としてもやめられると困るので、好条件で雇っているはずですが・・・。
もっと給料やボーナスを上げて欲しい、残業を少なくして欲しいという気持ちが積み重なって、転職へと心が動くようです。

2)仲間や上司との人間関係
次に多いのが職場での人間関係。
セクハラやパワハラが原因で転職する人も少なくありません。
専門的な知識や技能が要求される職業だけに、上下関係も厳しい病院もあります。
病院や大きなドラッグストや調剤薬局においては、そこで働く人との複雑な人間関係に悩む人もいます。

職場に出入りする患者さんや来店客、業者さんとの協調性も必要な職場ですから、自分の性格が引っ込み思案な人が転職することも。

3)スキルアップをしたい
建て前にも聞こえそうな転職理由がコレです。
自分の知識や技能が今の職場で十分に発揮できないことや、もっと専門的な研究レベルの仕事をしたいとか、収入面よりもスキルアップを目指す人もいます。薬剤師を求める職場や研究機関は年々増加しています。
新薬開発や研究のサポートができるような職場を希望する人も少なからず増えています。

4)仕事内容が自分の性格に合っていない
病院や調剤薬局での仕事は薬局内で処方箋通りに黙々と薬を調合して、患者さんに渡す場合には、あまり接客的な要素を必要しません。反対にドラッグストアチェーンになると、薬売場に自分が立って接客することもしばしば。
例えば人見知りな性格な人手あれば、接客は苦手だから転職したいとは、反対に人と話すのが好きだからドラッグストチェーン店に転職したいという転職理由もあります。

5)他県への引越し
結婚のため、ご主人の住所へ引越しすることで転職を余儀なくされることも。
あるいは妊娠~育児のために一度退職していたけど、復職を希望する人も。

転職するホントの理由関連ページ

薬剤師の時給・年収
年収は本当に転職の理由になるのかどうか? 薬剤師の年収を他の業種と比較してみた。 表をみてもわかるように、薬剤 […]
薬剤師の転職動向
下のグラフを見てもわかるように現在、薬剤師として働く人の約8割近くが転職経験者です。 全体の3割以上が転職経験 […]
最短1週間で転職する方法
すでに離職していて、とにかく早く次の職場を探さないと困っている人。 そんなあなたに1週間で転職が可能な早道を選 […]