薬剤師の転職動向

*

薬剤師の転職動向

下のグラフを見てもわかるように現在、薬剤師として働く人の約8割近くが転職経験者です。
全体の3割以上が転職経験があり、しかも3回以上転職された方が2割近い数字が出ています。

専門的な知識や技能を持つ薬剤師は、一般事務、製造、営業などの仕事と比較しても、競争や会社倒産などの危険性が少ない恵まれた職種です。
仮に町の薬局に勤務していて閉店したとしても、職探しには困らないようです。
肉体的な労働負担も少なく、地域性の強い職業でもあり、勤務条件も意外とわがままの通りやすい仕事です。

転職の理由は収入面より、どちらかといえば労働時間を短縮したいとか、人間関係などが大きな理由のようです。

ただし、薬剤師が転職をしても職務内容はそれほど変わっていないのが現実のようです。

転職する際に最も多い退職理由ランキングをみる>>

薬剤師の転職動向関連ページ

薬剤師の時給・年収
年収は本当に転職の理由になるのかどうか? 薬剤師の年収を他の業種と比較してみた。 表をみてもわかるように、薬剤 […]
最短1週間で転職する方法
すでに離職していて、とにかく早く次の職場を探さないと困っている人。 そんなあなたに1週間で転職が可能な早道を選 […]
転職するホントの理由
薬剤師は全国的に人出不足です。 つまり就職難の時代で唯一売り手市場が薬剤師です。 ということは、それだけ待遇も […]