調剤薬局

*

調剤薬局

調剤薬局は、調剤室を備え、面積など法で定められた基準をクリアしており、決められた人数の薬剤師が常駐して調剤作業を行うことができる施設(薬局)です。
昔から薬剤師の職場としては定番ですね。
最近では薬剤師の活動の場はドンドン広がっていますが、それでも調剤薬局はいまだに人気の職場です。
調剤の他には、市販の医薬品の販売も行います。

ちなみに、一般の方がよく利用する「病院横の薬局」は「保険薬局」といい、調剤薬局の一つです。
保険薬局の入り口には「保険調剤薬局」や「処方箋(せん)受付」と分かりやすく書いてあるので、一度は見たことがあるかと思います。

最近では、ドラッグストアの中に併設されている(「調剤併設型ドラッグストア」と呼ぶ)こともあり、ドラッグストアへ転職した際に業務に携わることもあります。

調剤薬局と調剤併設型ドラッグストアの違い

調剤薬局と調剤併設型ドラッグストアの違いは、サプリメントやドリンク剤などの市販薬も取り扱うこと。
処方薬に加えて市販薬のことも勉強も覚えなければいけないので、新卒の方は少し大変かもしれませんね。

調剤専門の調剤薬局で働いたことがある方なら、調剤併設型ドラッグストアでは市販薬のことを集中して覚えることができるので、転職先としておすすめです。

調剤薬局の平均年収は?

調剤薬局の年収は約400万円~500万円と言われています。
仕事が監査と投薬が基本となるので、人によっては「スキルが身に付かない・・・」「やりがいを感じない・・・」と不満に感じるかもしれません。
しかし、勤務時間が短かったり、休日が多いというメリットがあります。

一方、調剤併設型ドラッグストアの場合は、給与が調剤薬局よりも高い傾向にあり、年収500万円~600万円が平均となっています。
幅広い処方を受け付けているので、スキルを身に着けられたり、やりがいを感じやすくなっています。

保険薬局で働くには「保険薬剤師」になる必要がある

保険薬局で働く場合は、「保険薬剤師」になる必要があります。
保険薬局が保険制度を取り扱う保険医療機関としての指定を受けなければいけないように、保健医療に関わる保険薬剤師としての登録が必要になるわけです。

保険薬剤師になるには、勤務先の管轄の地方厚生局で登録手続きを行うだけ。
登録手数料などは無料で、書類上の手続きと登録後の研修を終えれば、保険薬剤師になることができます。

保険薬局で働く場合は必要な制度なので、覚えておきましょう。

調剤薬局関連ページ

製薬会社
製薬会社で働く薬剤師の方も多いですよね。 他の職場では経験することができない少し変わった仕事内容も多いので、そ […]
ドラッグストア
ドラッグストアも調剤薬局と同じく薬剤師の人気の職場です。 給料や年収がそこそこよく、OTC医薬品などの知識を身 […]
病院
薬剤師の病院での業務は、医師の指示に従って錠剤や粉末の処方、注射調剤業務などです。 調剤薬局と同じく「服薬指導 […]